2011_07
26
(Tue)20:29

いまさら・・・なんて 言わないで^^;

1週間ほど前からはまってしまってます・・・・。

ばんっ!!
ハリーポッター1
今更ながら・・・・『ハリー・ポッター』に・・・です(爆笑)

もちろん、最初は私もみごとにブームに乗っかってました。
当時小1だった長男と年少さんだった次男を連れて映画館にも足を運びました。
(たしか・・・・『秘密の部屋』だった。)
しかし、3作目の『アズカバンの囚人』が出た頃には、私はすっかり楽しい
広島ライフ・・・。

ビーズじゃーートールじゃーーーとやりたいことがいっぱい。
あげくの果てには役員生活も始まり・・・。

買ってはみるものの、結局『ゴブレット』には手もつけず・・・・・。
いつのまにか、ブームからもはずれてしまい、今日に至ってました。

ところがです。この春から同僚となった、中学時代からの悪友K。
これがまた、大のハリーポッターファン。
今公開中の映画が封切られる前に、三日で全7作を再度読み返したほど。
先日、さっそく映画も観てきたそうだけど、
やっぱり原作の大絶賛!!

そこまで言われたら、やっぱり 読んでみたいと思っちゃいませんか~???

と、いうわけで、今、私の頭の中は寝ても覚めてもホグワーツ(笑)
今日からついに、『ゴブレット』に突入です^^
『賢者の石』から全部読みなおしてきましたが、幸いにもほとんど忘れているので
めっちゃ楽しめます(*^^)v
この続きも、古本屋でゲットして、読破したらDVD全部観て、
そして映画館に行くぞーーーーーーー!!!

最後に、あっさり咲いた夏の「フランシス・デュブリュイ」を、見てくださいね^^
201107デュブリュイ1
スポンサーサイト
2011_05
06
(Fri)22:49

久々の読書♪

八日目の蝉 (中公文庫)八日目の蝉 (中公文庫)
(2011/01/22)
角田 光代

商品詳細を見る


愛する人の子どもを産むことができなかった女が、その人の娘を誘拐、
4年に渡る逃亡劇の末に引き裂かれてしまう。
母と信じていた人が実は誘拐犯だったことと、
実の両親のもとに戻っても居場所のみつからなかった娘。

久々に、あっという間に引き込まれて、一気に読み上げてしまいました。


映画が4月29日に公開されたばかりですが、
レビューを読むとかなりの好評のようです。
観たいな~~~(〃∇〃)


***********************************************


大好きなバラが咲きました!
オードリー・ウィルコックス(ハイブリット・ティー)
5月4日撮影
20110504オードリー1
5月5日撮影
20110505オードリー
鮮やかなローズピンクにイエローの挿し色が魅力的、
香りも濃厚なダマスク香。この一輪だけで、庭じゅう華やかな香りがします(〃∇〃)

カクテル(つるバラ)
5月4日撮影
20110504カクテル
たくさんのつぼみの中、たった一輪だけ咲きました^^
満開になった時にまた、ご紹介します^^

2年前の母の日に母に贈ったクレマチス。
5月4日撮影
20110504クレマチス
昨年は咲かせることはできなかったので、チョー嬉しい♪

先日開花したフランシス・デュブリュイ(オールドローズ/ティー)の、2番花♪
5月5日撮影
20100505デュブリュイ1
ティーローズらしい、うつむいた姿が素敵(〃∇〃)
20110505デュブリュイ2
この、巻きの感じが大好きです~。
しかも、こういう赤い色で咲いたのは初めてかも^^ まだまだつぼみはついてますよ~。
2011_02
14
(Mon)08:37

バレンタインなだけに。

今日はお休み。予定では松山の友だちに会いに行くはずでしたが、
次男の風邪をもらったみたいで頭痛と微熱^^;
そしたらまたまたこの雪!!
20110214雪
子どもたちが学校に行くちょっと前に降り始めたのに、もう積りかけてます^^;
今日はおとなしく家にいろってことね^^

さて・・・ちまたはバレンタインですが・・・。

『君に届け』に、続き・・・

またまた、少女マンガにはまってしまいました^^;
タイムリーにこんな作品♪

失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)失恋ショコラティエ 1 (フラワーコミックスアルファ)
(2009/01/09)
水城 せとな

商品詳細を見る


チョコ好きにとってはたまらない内容!!
チョコレートが食べたくなること必至!!

爽太くんが作るチョコレートが食べたい~~~!!!

内容は・・・


続きを読む »

2011_01
05
(Wed)20:57

最近の読書 覚書き^^

今年の目標は、本をたくさん読むこと!
昨年はあんまり読めなかったし・・・。
やっぱりゆったりと本を読む習慣は忘れないでいたいです。

昨年読んだ本の覚え書きです。あいかわらず東野圭吾中心ですが・・・^^;

赤い指 (講談社文庫)赤い指 (講談社文庫)
(2009/08/12)
東野 圭吾

商品詳細を見る

先日、加賀恭一郎シリーズのスペシャルドラマとして放映されました。
この物語は、めちゃくちゃハイペース(『告白』なみの)で読んだくらい
あっという間に引き込まれた作品でした。
加賀恭一郎シリーズは、『新参者』もそうでしたが、人間のあたたかさや
人間くささがあふれてて とても好きです。
この、『赤い指』も、涙なしでは読めないラストがとても印象的な作品でした。
ちなみに、ストーリーの細部はすっかり忘れてて、ドラマで二度楽しめました(*^^)v

卒業 (講談社文庫)卒業 (講談社文庫)
(1989/05/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る

・・・ということで、現在、加賀恭一郎シリーズを読破しようとがんばってます。
『卒業』はその第一弾。加賀が大学生だった頃のサスペンスです。

現在はシリーズ第二弾『眠りの森』を読んでいます(*^^)v

東野圭吾以外にも・・・
ここ―食卓から始まる生教育ここ―食卓から始まる生教育
(2007/10)
内田 美智子、佐藤 剛史 他

商品詳細を見る

著者の内田美智子さんが次男の中学校に講演に来てくださり、
反響が大きかった本です。
涙なしでは読めない一冊。
今までの子育て・食生活のありかたをいまいちど、振り返らせていただき、
今後の戒めとなりました。

あとこんなのも読んでみました・・・。
東京島 (新潮文庫)東京島 (新潮文庫)
(2010/04/24)
桐野 夏生

商品詳細を見る

・・・てか、半分くらいで今、止まってます・・・^^;
木村多江さん主演で映画化されてますが・・・
映像になるとどんなんだろう^^;

カラフル (フォア文庫)カラフル (フォア文庫)
(2010/03)
森 絵都

商品詳細を見る

これも、アニメ化されてましたね。
映画観たかったのですが、原作を読むことですっきり!
思えば、最近私が読む本には家族の在り方を考えさせられるものが多いです・・・。

さ~~て!どんどん読むぞぉ!
私の影響で東野圭吾にはまった次男が、加賀恭一郎シリーズを爆読してます。
早く追いつかねば・・・^^;

そういえば・・・・・
昨年一番はまってたのが実はこれだった!(笑)

続きを読む »

2009_10
18
(Sun)21:10

最近読んだ本^^

向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)向日葵の咲かない夏 (新潮文庫)
(2008/07/29)
道尾 秀介

商品詳細を見る


少女たちの羅針盤少女たちの羅針盤
(2009/07/09)
水生 大海

商品詳細を見る


久々に東野作品以外を読んだ気がします(^^;;;;
『向日葵の・・・』は、読み始めたら続きが気になって気になって・・・一気に読んでしまいました。
『百夜行』以来のはまりっぷりでした。
・・・が、なんだかラストがすっきりしないというか・・・・。
はなんとも不思議な作品でした。
この本の著者の、別の作品が読んでみたくて図書館に通いますが、
いつも貸し出し中で一冊もありません(^^;;;; 今、はやってるの???(^^;;;;

『少女たちの・・・』は、
島田荘司選 第1回 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作受賞作・・・ということで、
なんとなく親近感を感じて図書館で借りた本です^^
現代と過去の場面がいったりきたりのおもしろい展開。
ミステリーですが、犯人が誰か気になって。。。これも2日くらいでよみました。

秋になると、読書がしたくなるから不思議です♪

2008_10
06
(Mon)00:08

ここ2週間で読んだ本^^

  
江原啓之への質問状 スピリチュアルな法則で人は救われるのか江原啓之への質問状 スピリチュアルな法則で人は救われるのか
(2005/12/16)
江原 啓之丸山 あかね

商品詳細を見る

この本、とってもよかったです^^
著者の丸山さんが江原さんに質問する形でつづられているのですが、
とても素直に江原さんへの疑問を投げかけていて、よりよく江原さんの考えと人柄が
伝わってくる1冊でした。
何度も江原さんにあきれられている丸山さんが・・・かわいかった(^^;;;;
(・・・と、いうことにしておきます/爆)




片想い
片想い
(2001/03)
東野 圭吾

商品詳細を見る

「性同一性障害」を扱った物語。
私の中で、「日浦美月」のイメージは上野樹里ちゃん(^^;
「ラストフレンズ」の影響なのでしょうね。久しぶりにのめりこんだ東野作品でした。
そして、ラストにも意外にも爽快感を感じました・・・。
ドラマ化されたらおもしろそうなのになあ・・・。




中年前夜中年前夜
(2007/05)
甘糟 りり子

商品詳細を見る

最近流行の?「アラフォー」の女性3人の、それぞれの物語。
そういう私もアラフォーなのですが、私は今の自分と生活が好きですね~~(^^;
だから、世の中にはこんな風にもがいている人がけっこういるのかな???
な~んて 他人事のようにあっという間に読みました。




母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き
(2008/04)
信田 さよ子

商品詳細を見る

意外にこういう人、多いものなのですね~~~。
実の母娘って傍から見たら うまくいっているように見えても、その実、
そうではなかったりするんですよね・・・(^^;




今、読書が楽しいです。
もちろん今も読んでいます。秋の新ドラマが始まるまでに読み終えなきゃ~~~と、
読んで、映画館に行かなきゃ~~~の 2作品手元にあります^^
他にも読みたい作品がいっぱい!!楽しみもいっぱい!!

2008_09
05
(Fri)18:02

湊かなえ 『告白』

東野作品を探しに行った図書館の新刊本コーナーで、
何気なく手にとって ぱらぱらっとめくってみて 読みやすそう、と思って
借りて帰ったこの1冊。あっという間に引き込まれ読んでしまいました。
告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る

作者の、デビュー作だそうですが・・・。すごいです。

『ブック・ジャパン』というサイトの、こちらの書評でわかりやすく書かれてありますが、
一言で言うならば、少年犯罪をとりまく、加害者の動機やら、被害者の憎悪・復習やら
加害者の母親のことやら そういう、少年犯罪が起こるにつき
知ってみたかった部分がそれは見事に描かれています。

ひとつの殺人事件を、被害者の母親、加害者の同級生、
加害者の母親、加害者少年B、加害者少年Aの視点から捕らえながら
物語は進んでいきます。

それぞれを読み進めていくうちに、
人の感情にはどうしても誤解やボタンのかけ違いがあるということ、
それが事件につながっていくとしたら、それはそれで悲しいなあと思いました。

私が一番興味深く読んだのは、加害者少年Bである下村の母親の日記でした。
かなり過保護だとは思いましたが、下村が不登校になってからの
母親の行動や感情には共感できました。
結果的に下村の母親は息子に殺されてしまうのですが・・・・・

やはり、いかなる場合にもどんな状況におかれても、
自分の息子に、「あなたは失敗だった」なんて言ってはだめですね・・・。
いや、しかし、そういう私だって その状況におかれたらどう思うかは
わかりませんが・・・・。

結末には、ちょっとすっきりさせていただきました。
殺人を肯定するつもりはないのですが、
恨みを晴らす矛先を向けるのならば、やっぱりそうでなきゃ、って・・・。
それほど、被害者の母親の復習は完璧でした・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。