--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_01
16
(Mon)11:40

日常のできごとが非日常になる時

昨年の年末から行方不明になっていた小学5年生の男の子が
遺体で発見されたと、昨夜のニュースで知りました。
母親と妹と一緒に犬の散歩に来ていて、
犬のツナをどちらが持つかでけんかになって、
母親に叱られたあと、行方がわからなくなっていたままでした。

その頃ちょうど、広島と栃木で相次いで小1女児の
殺人事件があったし、またもや事件??と思っていましたが、
どうやら事件ではなく事故だったようです・・・。

この寒いときに湖に落ちて亡くなっていたなんて・・・・。
さぞかし冷たかったろうと、胸が痛みます。

我が家にも小学5年生の男の子がいますが、
小2の弟との些細なことが原因のケンカはしょっちゅう。
それに対して私ががみがみ怒鳴るのも日常の風景です。
おそらく、亡くなった子の死の直前のできごとも
日常のひとコマだったのでしょう・・・・。

それが日常ではなくなるなんて・・・・
誰が想像できたでしょう。
亡くなった男の子のお母さんは後悔しているだろうなあ・・・・。
子供たちの寝顔を見ながら、さまざまな想いにふけってしまいました。

冷たい湖の中で亡くなっていった男の子のご冥福を祈ります。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。