--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_07
20
(Fri)23:27

ありがとう さようなら

昨日 何の説明もなくおやすみ宣言したために
かえってご心配をおかけしました。
だいぶ気持ちも落ち着いてきたので今書ける精一杯の言葉を
つづりたいと思います。

おととい18日,小梅が急逝しました。
家の中での思いもよらない事故死でした。
いつもと同じ場所でいつもと同じように遊んでいた
お気に入りの紐が絡まっていたんだそうです。

発見が遅れたことを悔やみ,小梅ともと飼い主だったpocoにすまないと
自分を責め続ける母。

小梅を母のもとに送ったことで母につらい思いをさせることになったと
苦しむpoco・・・。

二人の気持ちが痛いくらいにわかるだけにつらいつらい時間でした。

でも・・・・pocoの子供たちの言葉にみんなが救われました・・・
『小梅は幸せだったよね~たくさん甘えさせてもらったし,思いっきりのびのび遊べたし・・・。最期も遊んでてそうなったんだから,誰も悪くないよね』
本当にありがたかったです。
短い一生だったけど小梅はいろんな人やチーにに愛されて幸せだったと思います。

そしてまだまだ苦しみは続くけど母もまた幸せでした。
小梅と出会わせてくれたpocoに私も母も心から感謝しています。

私はいつかまた,小梅が生まれ変わって母のもとに現れてくれると
信じてそのときを楽しみに待っています。
そして今 pocoと二人 小梅との出会いの意味を考え続けています。
まだ答えは出ませんが・・・・
ただ今 いえるのは
ありがとう,小梅。いつかまた,わたしたちのもとに現れて
いっぱいの恩返しをさせておくれ!!!
・・・・それだけです。

今はここまで書くのが精一杯です。
ごめんなさい。これでしばらくおやすみさせてください。

最後に・・・・
不思議なことにpocoが訃報を聞く数時間前にみつけていた物語
『虹の橋』を紹介させてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。