--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_08
31
(Fri)14:19

ごぶさたしてます。

ブログをお休みしてあっという間に1ヶ月以上がたちました。
しかし、この1ヶ月は今まで私が生きてきた中でも
とても長い1ヶ月でした。

小梅のことがあって、他にもいろいろ精神的にかなりまいっていた
私でしたが、
本当にいろんな人に助けてもらいました。
これほどに人の温かさを感じたことも初めてかもしれません。

8月11日から1週間かけて帰省。
思ったよりもしゃんとしていた母でしたが、今思えば、笑顔が少なかったな~。

実家には小梅のやんちゃな傷跡があちこちに・・・。
ぼろぼろになったレースのカーテン。
体当たりして緩んだ網戸。
天袋から落ちかけたままの座布団。
ゆがんだカーテンレール。
ひっかいたあとのふすま。  etc,etc.・・・。

それらを見ては一つずつ小梅の思い出を語り始めた母。
泣き笑いしながらいろいろ話してくれました。

「小梅、ほら、チーだよ!」というと、どこにいても網戸に体当たりしてはチーにすりすりしていたこと。
カーペットローラーで撫でられるのが好きで、が大好きで、とても気持ちよさそうにおなかや背中を投げ出していたこと。
台風や雷の日には玄関に非難したチーと仲良く寄り添って眠っていたこと。
庭木や花に水をやる母をいつも窓辺で見ていたこと。
リードをつけてお庭を散歩させていて、チーと戯れる姿を見た通りすがりの人に仲のいい犬猫やね~とよく言われたこと。

・・・・・まだまだたくさんありますが、
書きながら もう涙で画面がにじんできます。

そうやって 毎日小梅のことを思い出として語ることで、
少しずつ母の笑顔も増えていきました。

きっと小梅も安心してくれたんじゃないかな・・・。

1週間みっちり母のそばにいて、食欲も出てきてだいぶ元気になった
母だったけど、広島に帰らなければならない日はホント
後ろ髪をひかれる想いでした・・・。

でも、二日おいてまた、アッキー宅に親子でお泊りに行くために再び四国に戻り、その帰りにもう一度母の元へ、もう1泊してきました。

そうして今度こそ広島に戻り、数日たったある日、母からメール。
寝苦しい夜に夜中うとうとしていたら、耳元で懐かしい小梅の声がしたんだそうです。
紛れもなく小梅の甘えた声だったんだそうです。
亡くなってから一度も夢にもでてきてくれないと寂しがっていた母、
本当に嬉しかったそうです。

そして偶然にも同じ時期、小梅の元飼い主pocoも小梅の夢を初めて見たそうです・・・。
夢の中で、小梅は母に抱かれていて、遠慮がちに近寄って行ったpocoが、「私のこと、覚えてる?」と小梅に聞くと、「覚えてるよ」と答え、そして抱っこさせてもらったんだそうです。

この話を聞いて、ああ、小梅は母がだいぶ落ち着いてきたので安心してお別れに来たのかな、と思いました。
きっとそれまでずっと離れず母の側にいたんでしょうね。
きっと、夢の世界で母も小梅と毎日会っているはず。
pocoも、小梅に会えて、本当によかった・・・。

小梅の死は本当につらく苦しかったですが、
母も私も姉もpocoも、そしてチーも・・・・。
みんな 小梅にたくさんのことを学びました。
今、心からいえます。

ありがとう、小梅。またきっと会おうね。
できるならあなたにまた会いたいけど、
それが無理なら 素敵な出会いをさせておくれ・・・。
その子を、私 あなたの分も大切にするから・・・・。
天国で、たくさんのお友達と一緒に幸せでいてね。
本当にありがとう。あなたに会えて、よかった。
uttorikoume.jpg


ブログ再開します。
また、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

読みながら涙が出てきてしまった。
もこりん♪色々ありがとうね。
そして、お母さんやお姉さん、チーにも感謝してます。
最後のもこりん♪から小梅へのメッセージ。
私も同じ気持ちよ。
また、ゆっくり話そうね。

2007/08/31 (Fri) 15:14 | poco #DKE0OAoc | URL | 編集 | 返信

もこりん♪、おかえり。
ずっと更新がなかったから心配していました。

命あるものはいつか終わりが必ず来る・・・。
分かっていても悲しいです。
でも最後のメッセージはとてもいい言葉だと思いました。
もこりん♪も小梅ちゃんも幸せですね。

2007/09/03 (Mon) 08:07 | ぴっぴ #e2jOjrhk | URL | 編集 | 返信

>poco
50日間・・・本当にありがとう。
自分もつらいのに母をいつも心配してくれて
一緒に立ち直っていってくれてありがとう。
近々ゆっくり話しましょ♪

>ぴっぴちゃん
ご心配かけました。
小梅とは本当に少ししか触れ合っていない
私だけど・・・私の中では
何よりも大きい存在で生きつづけてくれると思います。
どうもありがとう♪
これからまた、よろしくね♪

2007/09/04 (Tue) 08:10 | もこりん♪ #CwaEbrz. | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。