--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_10
20
(Sat)17:31

YUJI ODA CONCERT TOUR 2007"3920" ライブレポ・本章 その2

さてさて・・・

お昼寝タイムも終わりましたので・・・・
このまま一気に最後までレポ書き上げます!


デビュー曲の「BOOM BOOM BOOM」、踊るでおなじみのきゅんとくる「MOON」などアレンジを変えて歌ってくれて
(曲順は定かじゃありませんが)
ゆっくり目のテンポで始まった「Shake it up!」も
最後はテンポアップで客席再び総立ち。ノリノリでした♪

そして・・・・『風のない午後』
今までの20年間、いろいろつらく悔しい思いをされてきだろう織田くん。
週刊誌でも何度となくたたかれ・・・
それでもこれまで一度も反論も弁解もせずに今まで来ました。
そんな織田くんがこれまでの思いをつづった本を自身の誕生日に
発売するんだそうです。

『風のない午後』は、悔しくてたまらなかった思いを、
そのまま歌詞にぶつけたんだそうです。

    
    今の僕は間違ってないさ 言えばあなたの後姿が
    どうしてか心の中浮かびます
    現実というのダンボールに 入りきらない将来を
    とにかく抱いて走ることが生きるって言うことでも
    日々のくだらなさに立ち向かえば
    あなたと酒を飲む暇もなく
    初めて手紙なんて 書こうかと・・・。


    前より広くなった分だけがらんとしたこの部屋から
    また立ち向かっていくしかないのでしょう
    自分に立ち向かうしかないのでしょう・・・・。

               (作詞/織田裕二)


スクリーンに映し出される歌詞をじっくり読みながら
織田くんの語りかけるようなやさしい歌声を聴く・・・・。
胸にこみ上げてくるものを押さえ切れませんでした・・・。

ここでいったん織田くん退場です。
スクリーンには控え室へ向かうカメラが追うという設定の映像。
おお!これが噂の・・・・♪
控え室に入って「着替え中」の札がかかったドアの前に
ごっついSPのかたが立ちふさがり、カメラに「ノー」のサイン。
いらいらして時計を何度も見て、ちょびっとドアを開けたりします。
こってる~~~!!
さて、広島では織田君はどんなコスプレなのかなあ??

でたーーーーー!!!30cmもあるかと思う激しいリーゼントに
特攻服姿の「石川晃」!!!ぎゃははっ!
やっぱり広島だからかなあ~??
どーせなら司馬先生バージョンがよかったなあ。
他にもマツケンサンバ並みのキラキラ衣装や○チャピンの着ぐるみバージョンとかあるんですよね~~??確か・・・。
その、石川晃風のまま出て行こうとする織田くんをあわてて止めて
再び控え室へ連れ戻すスタッフ・・・。
そしていよいよ舞台衣装らしき茶色のシャツが・・・・。
そして・・・・・どこから出てくるの????

背後で歓声!!!
なんと織田くん 客席左側真ん中入り口から登場です!!
そのまま真ん中通路を横切って、私たち側の舞台袖にあがってきました!!もう、会場狂喜!大騒ぎでみなさん舞台袖に詰め掛けます。
ふと見ると、ロープでその波を必死で戻そうとするスタッフが私達の
目の前に・・・・。
さんざん近くで織田くんを見てすでにあらら・・・状態だった私たちは
思わずその綱引きスタッフさんを手伝おうかと思ったほど(笑)

そのノリで一気に会場盛り上がります。
お決まりの「Over The Trouble」からお馴染み「Love Somebody」!
「皆さんも一緒に歌ってくださーい!」
はーーーい!!もちろん歌いますとも!!汗びっしょり挙げた両手がだるくなる~~~~(爆)

そして最後は・・・・
「みなさん・・・20年間 ほんっとにお世話になりました。
僕はスタッフにも恵まれていました。仕事にも本当に恵まれました。
そして、ファンの皆様にも本当に恵まれました。
本当にありがとう。これからもよろしく!」
という内容の話をして、最後の曲『ありがとう』

       

     何度も何度も心から’ありがとう’を
     何よりも思える現在(いま)
     あなたに会えてよかったと

     言葉はいらない この気持ちは伝わるから
     どこまでもどこまでも
     あせらずに あきらめずに
              (作詞/織田裕二)


先ほど一度 高まってしまった感情。
織田くんからの心からの感謝の言葉。
大好きで何度も涙したこの曲。
ツァー初日の公演では、感極まって途中歌えなかったって噂に聞いてましたし・・・・
もう、あふれる涙を抑えることはできませんでした。
「私こそ!こちらこそ!!本当にありがとう!織田くん・・・」
ここ数ヶ月いろんなことがあってつらかったことが
一気に胸にこみ上げてきました。
でも、そんな時いつも あなたに助けられてきたんです。
これからも、前だけを見て頑張ってください。
そんなあなたをこれからもずっと応援し続けます。
そして、私も頑張ります・・・・。

本当にありがとう~~~!!!
ここで、いったん織田くん退場です。
私、涙と鼻水だらだらで(爆)、放心状態・・・。

アンコールへ続く・・・・。
       
    
スポンサーサイト

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。