--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006_02
06
(Mon)17:57

『振り返れば奴がいる』

『県庁の星』の公開が迫ってきて・・・
久々にダークな織田裕二が観たくなり、
レンタル半額デーのときにせっせとレンタルしては、
コツコツ観て、半月くらいかけて今夜見終わりました。
数年ぶりに改めて観た『振り返れば奴がいる』ですが・・・・。
やっぱおもしろかったですぅ~~~。
実は三谷幸喜監督作品だったんですね。
初めて知ったのであります・・・・。

しかし、この作品・・・・
石黒賢演じる患者第一の正義漢・石川先生と、
織田裕二演じるお金・出世第一の冷血漢・司馬先生との
まさに『白』と『黒』の対比がおもしろいのですが・・・、

以下、続きますので、興味ない方はスルーしてくださいね^^
なぜか、この、誰が見ても正当派な石川先生よりも
ダークな司馬先生にひきつけられるのは、
私が織田裕二ファンなだけではないような気がします。
どう考えても悪徳な嫌な役なのに、「やるなーーーー」と思ってしまうんですねえ。製薬会社からお金を受け取っていたことを、見事平賀先生の罪にしてしまう辺り、「お見事!」って感じでした。

時おり見せる心の傷や深い闇にも、ノックアーーーウト!

きっと、同じように感じられた方も他にいらっしゃるのじゃないかなあ?(笑)

それからそれから・・・・・!!!

やっぱり、織田裕二とウォンビンは似てるーーーーーーーー!
・・・と『振り奴』をみて、確信しました。
素顔は全然似ていない二人なのに、
なぜあんなにも似てるときがあるのか???

苦悩する司馬先生の目元・・・・
ウンソを想って悩み苦しむテソクの目元にそっくりだったんです。
そういえば、『聞け、わだつみの声』と『ブラザーフッド』も
かぶりました・・・・。
表情が似てるんですね。
ちょうど、今のウォンビンと年のころも同じだし・・・。
私がウォンビンにひかれたわけがわかりました~~~!

あれから10年、今ではすっかり丸くなっちゃった織田裕二だけど
やっぱ、あの頃のとんがった鋭さもいいですわ~~~(〃∇〃)

それにしても、こんな役をやらせたら
織田裕二は光るなあ!!!
ちょっと役どころは違うけど、真面目一本やりで
お堅い冷たいイメージの『県庁の星』の野村が
ますます楽しみになりました(〃∇〃)

スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。