--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008_09
05
(Fri)18:02

湊かなえ 『告白』

東野作品を探しに行った図書館の新刊本コーナーで、
何気なく手にとって ぱらぱらっとめくってみて 読みやすそう、と思って
借りて帰ったこの1冊。あっという間に引き込まれ読んでしまいました。
告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る

作者の、デビュー作だそうですが・・・。すごいです。

『ブック・ジャパン』というサイトの、こちらの書評でわかりやすく書かれてありますが、
一言で言うならば、少年犯罪をとりまく、加害者の動機やら、被害者の憎悪・復習やら
加害者の母親のことやら そういう、少年犯罪が起こるにつき
知ってみたかった部分がそれは見事に描かれています。

ひとつの殺人事件を、被害者の母親、加害者の同級生、
加害者の母親、加害者少年B、加害者少年Aの視点から捕らえながら
物語は進んでいきます。

それぞれを読み進めていくうちに、
人の感情にはどうしても誤解やボタンのかけ違いがあるということ、
それが事件につながっていくとしたら、それはそれで悲しいなあと思いました。

私が一番興味深く読んだのは、加害者少年Bである下村の母親の日記でした。
かなり過保護だとは思いましたが、下村が不登校になってからの
母親の行動や感情には共感できました。
結果的に下村の母親は息子に殺されてしまうのですが・・・・・

やはり、いかなる場合にもどんな状況におかれても、
自分の息子に、「あなたは失敗だった」なんて言ってはだめですね・・・。
いや、しかし、そういう私だって その状況におかれたらどう思うかは
わかりませんが・・・・。

結末には、ちょっとすっきりさせていただきました。
殺人を肯定するつもりはないのですが、
恨みを晴らす矛先を向けるのならば、やっぱりそうでなきゃ、って・・・。
それほど、被害者の母親の復習は完璧でした・・・。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

告白・面白そうだね。図書館行ってみよう!家にある東野作品は「放課後」「同級生」「美しき凶器」「天空の峰」「白夜行」です。私は美しき凶器だけ読みました。これは、どんどん読み進められるんだけど、殺人の話だから、読み終わっても、気持ちはブルーだったよ。10月からのTBSドラマが東野原作みたいだね。今私が読みかけてるのは、チーム・バチスタの栄光[下]です(今頃・・・恥)。映画も見てないよ!

2008/09/06 (Sat) 21:08 | へい山 #- | URL | 編集 | 返信

>へい山さん^^

おお~~東野作品、「白夜行」以外は見事にかぶってないわ~~~~。
広島にいたらお互いに貸しあいっこできたのにねえ(涙)
う~~~ん・・・。そうだねえ・・・。気持ちがブルーにならない東野作品は少ないかも(^^; その点、「告白」はやはり殺人なんですが、ちょっと違う爽快感があったりします。
ぜひ、読んでみて~~~♪

「チーム・バチスタ・・・」は私も読んでないし、映画も観てません。読みたいな~って思ってたとこだよ!
読んだら感想聞かせてね♪

2008/09/07 (Sun) 09:51 | もこりん♪ #CwaEbrz. | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。