--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_02
24
(Fri)10:31

すっかり不登校記録ブログになってしまいました(^^ゞ
現在の、息子と私の状況です。
気にかけてくださっている方々のために、報告の意味で、アップします。







2月8日の記事で、
「目標は22日からの学年末テスト」だと、書きました。

結果から先に言うと、結局 受けられませんでした。
というか、受けさせませんでした、というのが正しいのかもしれません。

学年末テストが、登校のきっかけになれば、という思いが誰にもありました。
しかし、担任が、テスト発表の日(テストの1週間前)に、
テスト範囲のプリントを持って次男に会いに来た頃から、
体調がどんどん悪くなっていくのが目に見えてわかりました。

日曜日(19日)に、担任から電話がありました。
私は、次男の状況を説明し、「テストは受けられそうもありません。」と伝えました。
だけど担任は、
「テストが登校のきっかけになれば、と思って」
を強調し、
あげく、本音かな?と思えることばが・・・

「テストは、みんな、いやなんですよ。だけど頑張って受けてるわけで・・・」

そうなのか・・・。
やっぱり次男は、「逃げてる」と思われているんだな・・・・。

「次男は、テストは受けないといけないと思っています!
だけど、受けるために頑張るエネルギーが、今はないんだと思います!」
気がついたら、そう、言い放っていました。

担任はそこでようやく、テストは受けなくても、「見込み点」というもので
評価できると言ってくれました。
そして、前日の火曜日まで待って
次男に、「今の状態ではテストを受けるのは無理だと思う」
「テストは受けなくても大丈夫」
「今は、体調をもとに戻すことがいちばんだから
何も心配せずにゆっくり休もう」と
言ってあげることができました・・・・。

すると、昨日木曜日は、ずいぶん調子がよさそうでした^^

このまま、お腹の痛みが起こることが少なくなってくれて、
朝も起きられるようになるまで、今は 見守っていてあげようと思っています。

今の学校・・・・
クラスにも、部活にも・・・
もしかしたら戻れないかもしれないけど・・・・
そんな話はまた、のちほど。

今、私は 学校に対して 怒りの感情を抱いています。
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントに迷ったのだけど…
実は、うちのお姉ちゃんも不登校を経験してます
それも中学と高校の2回…
どちらも2年の後半から3年の前半まで
ただ、継続的ではなく断続的だったので、不登校と気付かない友達もいたくらい(◎-◎;)
痩せてて顔色が悪かったから、単に病弱なだけだと思われてたのかもね
まあ、結果的には、それが幸いして、すんなりクラスにも戻れたけど
部活の仲間からの励ましも有り難かったです
でも、本人的には、最後まで心を許せる友には出会わなかった、そう思っているみたいです
それでも何とか大学受験もして、大震災も乗り越えて、3年生の今は、就活にも頑張っています
きっと、あの時の苦しみも、何か意味があったのだと、無駄ではなかったと、いつか思えると信じています

2012/02/24 (Fri) 12:06 | ひめ #jsBW8FAg | URL | 編集 | 返信

>ひめ^^

心配かけてごめんね。
コメントありがとう。
そうか・・・。ひめのおねえちゃんも、
つらい時期があったんだね・・・。
知らなかったよ。ひめもしんどかったね。
私は、黙っておけない性分なので
こうしてみんなに聞いてもらえるだけで
ずいぶん救われています。

ひめのコメントを読んで・・・
ますます、今の次男は帰っていける場所が
ないんだろうな、と感じました。
クラスにも・・・
部活にも・・・

きっと、今のまま帰っていっても
また、へとへとに疲れてますます
悪化しそうな気がします。

今は、ゆっくり休ませてあげようと
思います。
そうね・・・。決して無駄な時間を
過ごしているわけではないんだよね^^
ありがとう。

2012/02/25 (Sat) 10:38 | もこりん♪ #CwaEbrz. | URL | 編集 | 返信

学校とか担任にあまり期待しない方がいいかもしれない・・・と思います。
先生も職業であって、テストを受けない生徒がクラスにいると自分がマズイ
という思いはあるんだと思います。
テストは受けなくても見込み点で評価してくれるなら良し、くらいに受け止めて。
言うべき事は言った方が良いとは思うけど
言っても分かり合えない相手にエネルギーを使うのは無駄という場合もある、かな。

私は中2の冬に仲の良かった友達に突然無視されるようになったことがありました。
周囲の友達もその友達に気を遣って私と距離を置くようになって孤立しました。
あるグループが私を引き受けてくれましたが
私が入ることでそれまでのバランスが崩れてしまうので
お弁当を食べる時など、特別の時だけ入れてもらいほとんど一人で過ごしました。
確かにきつかったけど「学校に行かない」ということに気づかなかった私は(笑)
一日も休みませんでした。
そのうち学年が変わってクラス替えがありそこで一人ぼっちは終わりました。
その時の担任はその異変に気付いて何とかしたいと思ったけど
何もできず「ごめんなさい」と卒業の時に手紙をくれました。
その先生とは今でも年賀状を交わしています。

こんな体験談、何の参考にもならないかもしれないけど・・・。
時の流れで何かが変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。
もこりん♪は温かく見守っていてあげてください。

2012/02/27 (Mon) 10:49 | ぴっぴ #e2jOjrhk | URL | 編集 | 返信

>ぴっぴちゃん^^

いつも気にかけてくれていて、ありがとう。

そうか・・・。
ぴっぴちゃんにもそんな苦い思い出が・・・。
いろんな人が言うけど、
中学時代っていちばんしんどい時期なんだってね。
高校に行ったらずいぶん楽になるはずよ、
って言われます。

次のきっかけは、3年生にあがるとき
だと、私も思っています。
もう、担任や部活や学校に期待するのは
やめたんだけど、
次男が戻れたときに、また、
へとへとに疲れることがないようにだけは
してやりたいし、
できることはしてあげたいな、と
今は思っています。

苦い思い出を思い出させてしまって、
ごめんね。そして、ありがとう^^

2012/02/28 (Tue) 06:43 | もこりん♪ #CwaEbrz. | URL | 編集 | 返信

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/02/28 (Tue) 12:12 | # | | 編集 | 返信

もこりん♪

お互いのkenちゃん、今日お誕生日だね。
おめでとう~!!

私も中学時代はいろいろあったなぁ。
でも自分の事はなんとかできたけど、自分の子どもの事はやはり、辛い。

次男の幼稚園時代はそりゃ最悪で、私自身人間不信に陥りました。
ここで細部までは書けないけど、大らかに育って欲しいのに、人間関係が邪魔をして結局次男にはつらい思いをさせてしまいました。

今でもあの頃を思い出すと胸がチクチクしてざわざわして、私がパニックになりそうです。

「あんたは一人じゃないんよ。父さんも母さんもお兄ちゃんも弟だって、あんたの味方。昔も今でも大好きなんよ。」ってぎゅーと抱きしめるけど、結局私の背中に回された彼の両手の暖かさや、ぬくもりに私の方が救われた気がするな。

不安なとき、振り返ったらちゃんと自分を見ていてくれる人がいるって、わかるだけでも安心できるんだよね。

2012/02/28 (Tue) 18:38 | かずりん #- | URL | 編集 | 返信

>鍵コメさま^^

引っ越し、お疲れ様~♪
絶対 おじゃまするからね~。
春休みに、次男と広島行くかも・・・^^

あたたかいコメント、ありがとう。
鍵コメさまにも、つらい時期があったよねえ・・・。
たいしたことはできなかったけど、
そんな私にも、今、こうしてエールを送ってくれて・・・
感謝してます。ありがとう!!
また、一緒に盛り上がろうね~。

2012/02/29 (Wed) 10:55 | もこりん♪ #- | URL | 編集 | 返信

>かずりん^^

おお~~~
そうだった!!そうだった!!!
同じ名前(愛称)の息子二人、同じ誕生日だったよね~。
覚えていてくれて、ありがとう~~~(〃∇〃)

そして、kenくん、お誕生日おめでとう~♪

そうだよね・・・。
家族がいつでも味方であり、見守っていること、
これから先もつらい時に思い出してもらえるように・・・。
そして、疲れた時にはいつでも戻ってきてくれるように・・・。

家族は港でなくてはね^^
かずりん、ありがとうね(〃∇〃)

2012/02/29 (Wed) 10:59 | もこりん♪ #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。